からくり小箱

アクセスカウンタ

zoom RSS STM32マイコンでのキャラクタLCD表示のテスト

<<   作成日時 : 2011/05/04 23:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

キャラクタLCDを動かすのは初めてではないので、もっと簡単に動くかと思ったのですが、まる1日悪戦苦闘してしまいました。LCD初期化の処理は、何回もチェックして問題ないはずなのです。ネットで調べてみると、コマンドを送出するタイミングがかなりシビアであるとか、マイコンとLCDが離れているとNGだとか、パスコンが無いとうまく動かないとか色々書いてあります。コマンド送出のタイミングについては、最初は、適当にforループを回してディレイを作っていたのですが、仕様書通りのタイミングにしようと言うことで、システムタイマを使って、正確なディレイルーチンを作ってみましたが同じ結果でした。

■初期化がうまく行っていない時の表示(トウフx16表示)
画像


デバッガでLCDへの出力であるGPIOAの内容をチェックしながら、1ステップづつ確かめて行きましたが、GPIOAの内容は、特に問題なく動いていました。

昨日の夜遅く、PA13,14出力のメインファンクションがGPIOでは無く、SWDになっていたことにやっと気が付きました。当然リマップで、GPIOにすることは可能ですが、それでは、デバックが使えなくなってしまうので、PA13,14の代わりに、空いているPC6,7を使うことにして、LCDへの配線をやり直しました。(PA15は、PB3をリマップしたときに、GPIO_Remap_SWJ_JTAGDisableマクロで一緒にGPIOにリマップされています。
これで、試してみると、見事LCD初期化が行われ、LCDの種々のモードの設定も終わり、適当な文字が表示出来ることを確認することができました。

■「ガンバロウニッポン」を表示させて見ました。

画像


USBからの電源供給だけで、LCD(電源は5Vが必要)が表示できるか分からなかったのですが、ACアダプタが無くてもまともに表示ができているようです。

■あまり面白味に欠けますがビデオを撮っておきました。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
STM32マイコンでのキャラクタLCD表示のテスト からくり小箱/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる