TRANSTECHNOLOGYのフォトフレーム

 TRANSTECHNOLOGYのフォトフレーム(TGP-701MG)のモニタ募集に応募したら見事に当選して、モニタが送られてきた。このフォトフレームは、写真(JPEG)、音楽(MP3、WMA)、動画(MotionJPEG)を見ることができ、スライドショーをしながらBGMを聞くことが出来る。機器のの仕様は下記の通り。

   ・画面サイズ   7インチ(800×400)
   ・内部メモリ    1GB
   ・外部メモリ    USB、SDカード
   ・リモコン      赤外線方式
   ・消費電力     11W(最大)
   ・大きさ       220mm×155mm×28mm

 最初に箱をあけて製品を見た印象は、画面に比べて周りの枠部分が少し大きすぎるかなという気がしました。
 電源を入れて、写真の入ったSDカードを本体横のスロットに指すことで、自動的に写真を見ることができました。メニューから選べるスライドショーの効果は10種類あります。画像を表示した状態で写真にとってみましたが、ノートPCを見慣れて目からすると液晶が800×400ドットのせいか少し画像が荒いような気がしますが、値段からしてまあこんなものかも知れません。
 設定や写真や曲の選択は、本体後ろのボタンでも出来ますが、赤外線リモコンが付属しているので、これを使うのが通常の使い方です。メニュー階層の作りが少し難しく最初慣れないと直感的に操作できないようです。やりたい操作が直ぐにできないことがあります。例えば、最初の画面で、写真、音楽、ビデオ、時計の画面が出てきますが、音楽を選んで、曲を演奏してからスライドショーボタンを押すとスライドショーが始まります。この状態で戻るボタンをおすと曲名選択に戻りますが、時計を選んでから同じ操作をすると、時計に戻らなくて写真に戻ってしまいます。(もしかしてバグ?)また、写真を選んでから音楽ボタンを押しても何も起こりません。(音楽選択に行けると良いと思います。)また、時計を選ぶとカレンダー+写真のスライドショーになりますが、この状態で曲の演奏は止まってしまいます。(操作の問題かな??)カレンダーを写しながら曲も演奏も出来ると尚良いと思います。

画像


PCにUSBケーブルを繋ぐことで、PCからは内蔵メモリ(1GB)は、USBメモリに見えるので、普通に写真や音楽ファイルをコピーすることができます。
音楽ファイル(MP3)はフォルダごとコピーしましたが、以下のようにちゃんとメニューが出てきて曲を選ぶことが出来ます。スピーカは一応2個付いてステレオ演奏ですが、小さいので余り音質は期待できませんが、BGMで鳴らす分には丁度かもしれません。

画像


動画は、MOVとAVIが可能となっていますが、MotionJPEGとのことで、私のカメラの動画はMOVファイルを出しますが、MotionJPEGではないらしく、動画はまだ試せていません。
 また、この機種の売りになっている携帯からの写真のダウンロードもまだ試せていません。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック