REGZAの外付けディスクのコピー(500GB→1.5TB)かなり試行錯誤

 ディスク付きのTVが便利そうということで1年前にREGZA(42Z7000)を買いました。大概の録画は、見たら消してしまうのですが、消せないビデオが少しずつ少しずつ溜まり、最近は、いくら消しても録画時間の残量が10時間程度と危機的状況になってきました。しかし、流石にハイビジョンのファイルは巨大で、PCのディスクに転送しようにも時間が掛かるし、PCのディスクもそんなに大きいわけではない。そんな理由で、最近安くなったUSBディスクを買ってきてディスク増設を企てました。今のREGZAならUSB HUBを使って5分で増設終わりですが、残念ながらZ7000ではHUBは使用不可なので、なんとか、今のディスク(500GB)に溜まった捨てられないビデオを新しいディスク(1.5TB)に移して、しばらく泳ごうという作戦を立てました。
 早速ネットで調べて見るとやはり既に成功している方の書き込みをいくつか見つけることが出来ました。以下に整理してみます。

①ディスクのクローンソフトを使う
 ・REGZAのディスクは、XFSファイルシステムなので、windowsのクローンソフトは使用不可。
  何度もお世話になった、Norton Ghostで試してみましたが、やはりWindowsファイルでないのでだめでし
  た。Windowsのディスクマネージャで見てみるとディスク全体がGPT保護パーティションと表示されて見る
  ことが出来ません。

 ・XFSが扱えるフリーソフトに「EASEUS Disk Copy」があることを知りこれを試してみました。
  http://www.easeus.com/disk-copy/
  これは、Live CDで動くソフトですが、GUIで動くので簡単に使えます。コピー元とコピー先のDiskをPC繋い
  で、CDを立ち上げると、Diskを指定するだけで動きます。500GBのディスクで9時間程です。
  ただし、このままでは、500GBのパーティションがそっくりコピーされるだけなので、ディスク容量の増設に
  はなりません。Norton Ghostは、ちゃんとコピー後のパーティションの大きさを指定できたのですが、この
  ソフトにはそのような機能は無いようです。
  因みにきちんとコピーは出来ていて、新しいディスクでビデオが見られることは確認できたので、単に何処
  かに取って置くだけならこのやり方が簡単です。

 ・パーティション拡張ソフトで、コピーしたパーティションを拡張すれば良いわけですが、こんな用途のソフトは
  「PartitionMagic」が有名です。私もよくWindows でお世話になりましたが、結局これもWindowsでしか使
  えません。EASEUSにも同様のフリーのソフトがあったので試してみましたが、今回のXFSには使えません
  でした。

 ・Linux用のパーティション拡張ソフトでGpartが有名ですが、これのLive CD版を見つけたので、試して
  みました。しかし、拡張処理中に意味不明のエラー終了してしまいます。Ubuntuでも試してみましたが同
  じでした。

  ということで、このやり方に見切りをつけて以下を試してみました。
    
②LINUX上でディスクコピーを行う。
   XFSはLinuxで使えるので、Ubuntu9.10マシンを使ってみました。XFSディスクのクローンを作るやり方は、
  下記のURLで紹介されているので、これを参考に、Ubuntuでやってみました。参照したURLはKnoppixでし
  たが、まずは慣れたUbuntuでやってみました。
  素のUbuntuはXFSをサポートしていなかったので、関連するファイルをインストールしてから始めましたが、
  REGZAディスクは、うまく扱えないのか、xfsrestoreでパーミションエラーになってうまく書き込めませ
  ん。(他に原因があるかも知れませんが)

   参考 URL:http://nisimura.txt-nifty.com/memo/2009/05/index.html
          http://nisimura.txt-nifty.com/memo/diary3/d20090415.html 

  それでは、Ubuntuも諦めて、上記で紹介されている、KnoppixのLive DVDを作って、同じようにやってみま
  したが、これも一筋縄では行きませんでした。 

 ・参照したURLのKnoppixはV5.3.2でしたが、現在のKnoppixの最新版(DVD版)は、V6.2でしたので、取りあ
  えずこれを使って見たところ、REGZAディスクを認識しないのかマウント出来ません。URLでは自動でマウ
  ントされると書いてありますが、手動でやってもXFSはだめと怒られます。また、xfs_checkもそんなコマンド
  は無いよと言われてしまいます。Knoppixは初体験なのでV6.2はここで断念。
 ・それじゃ気を取り直して、URLで使っているV5.3.2(DVD版)を取ってこようとしましたが、該当URLには300MB
  位のISOファイルが見えるだけです。ダウンロードしてみてもそんな大きさのファイルしか取れません。ググッ
  て見ると他にもそんな書き込みが見つかりましたが理由は分からないようです。だめもとで、Ubuntuでダウ
  ンロードしてみると、なんと4GB位のファイルがダウンロードできました。(何故?)
  早速、DVDを作って、これでなんとかなると思いつつ、URLの手順でやってみましたが、xfsrestoreでの書き
  込みで、やはりパーミッションのエラーが出てしまいました。(Ubuntuの時と同じ??)

 ・またまたググッて見るとXFSディスクはマウントするとリードオンリーになるとか何とか書いてあります。
  あれ??? URLの手順にはそんなこと書いていないな。ディスクトップに表示されているディスク
  のアイコンを右クリックして書き込みが出来るように設定します。
 ・それでは、(こればっかりですが)xfsdump.....(もう空で入れられるくらい覚えてしまった)を入力してみると、
  おおエラーが出ないで動き出した。........ あれ止まってしまった。 うっKnoppixのディスクトップが消えた。
  なんとOSを巻き込んでストールしてしまった。 何故??? 

 ・それでは、(何度目だ!もう3日もやっている)もう自己流で、普通にディスクの中のファイルを全て選んで、
  コピー&貼り付けでやってみた。おっ動いたぞ。そして、何事も無く時間が過ぎてコピー終了。 
  やった!EASEUSの時より少し速くて、6時間程で作業終了。最初からこうすれば良かったのかな? 
  ひょっとしてUbuntuでもできた??

 ・はやる気持ちを抑えて、REGZAに繋いで見ると何事も無く接続されて、録画リストも元通り表示され、録画
  可能時間がHDで94時間 残量表示が70%になった。やった大成功!!!! 

■備忘録として最初から成功したときの手順を残しておきます。

①交換する空のディスクをREGZAに繋いで初期化をし、USBディスクとして登録します。ディスクを取り外しを行
 い、コピーする元のディスクと一緒にPCに繋ぎます。
②Knoppix V5.3.2(DVD版)を立ち上げます。(xfsdump等使わないのでCD版でも大丈夫かもしれません)
③繋いだディスクのアイコンがディスクトップに表示されるの確認します。(自動マウントされる)
  USBディスクはsd??の名前が付くようです。(ディスクトップにUSBメモリのアイコンが表示されます)
④受け側のディスクに対応したアイコンを右クリックして、Change read/write mode (ここだけ英文)を開いて、
 書込み可の指定をします。
⑤端末を立ち上げて、以下のコマンドでrootユーザで、konquerorを立ち上げます。
      
      sudo konqueror
  
⑥下の画面のようにkonquerorが立ち上がったら、konquerorの右上の歯車にKが付いたようなアイコンをクリッ
  クしてもう一つkonquerorを開きます。
⑦下の画面にある.toshibaxxx名のフォルダやファイルは、隠しファイルなので、これを表示するために「表示」-
  「隠しファイルを表示」にチェックを入れます。
⑧それぞれのkonquerorの画面で送り側、受け側のディスクを開き、送り側のファイルを全てコピーして、受け側
  に貼り付けます。
⑨コピーが終われば完了です。 私のは、410GBで、約6時間弱掛かりました。
⑩REGZAにディスクを戻して録画リストで正しくコピーされているか、ディスクの残量が増えているか確認しま
  す。

画像
 

 取り外したディスクをWindowsで再利用する場合は、下記のURLにある「GPT保護パーティションの強制解除」を
することで、windowsのディスクマネージャでフォーマットが出来るようになります。

  http://d.hatena.ne.jp/tera-p/20071111#p1

              

"REGZAの外付けディスクのコピー(500GB→1.5TB)かなり試行錯誤" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント